2012年06月07日

地盤調査 表面探査法

今回このようなコメントをいただきました。ありがとうございます。

正確なデーター(・・?
地表面だけで何が解るのかが、疑問であるけど・・・・・正確なんだ・・・・・


あくまでも比較の問題です。べた基礎で2階建ての木造住宅を建てる為の支持地盤の調査です。

表面探査もスウェーデン式も地面の表面だけを調査しているわけではありません。
今回もGLより5m(表面といえば表面だけど)の深さまで調査しております。(スウェーデン式とほぼ同じ深さ)

おのおのメリット デメリットはあります。
今回は両方の調査をいたしました。

スウェーデン式に限っていえば非常に?な結果。
(結果に対しての過剰な柱状改良が必要との回答でした。他地盤改良業者 設計士等に相談 過去にこの会社が調査した家が傾いた確かな情報があり、何より隣地に関しては全くの無問題であったこと等。結果、水などが出ていないことを考慮し表面探査をおこないました。)データ的には表面探査の方が信頼できるデータであったと思われます。

http://www.vic-ltd.co.jp/hyoumenha/wave/wave02.html

上記サイトも参考させていただきました。

決して自分の都合のよい情報だけで判断しているわけではありません。誤解をされる方がいらっしゃったらいけないと思い、記録いたします。


どちらも同じ深さを測定しております。(追記:深い部分では表面探査法の信頼度は落ちるらしいです。)


ご参考までに


ご参考までに2






posted by ヴァンテアン at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家を建てる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56300238

この記事へのトラックバック