2012年04月21日

スウェーデン式地盤調査

地盤調査いたしました。

川越市地震ハザードマップ

によると、地震による建物の倒壊の可能性が低い場所。
山林から雑種地にして、相当の期間が経過そていること。
見た感じ堅そう(笑)

少し不安がありながらも地盤調査。安くて簡単なスウェーデン式地盤調査を実施。

mini_IMG_1666.jpg


この機械に下のドリル見たいなの取り付けてやります。

mini_IMG_1676.jpg
地面の中25p下がるのに、ドリルが何回転したか?

また、100キロ  75キロ 50キロの重さで回転せずにスコーンと入って行く層もあります。これを自沈といいます。自沈にも早い自沈と遅い自沈がありどれだけ自沈があったか?
粘土層なのか砂なのかで地盤改良が必要かどうかなどをを判定します。

1m以内でやわらかい場所がある場合は木の根があったなどの理由で軟らかい場合があるが、それより下になると木の根の可能性はないらしい。また、50キロの自沈はよろしくないとのこと。75キロがギリギリらしい。

建物の4隅と中心1か所 計5か所実施して2か所軟弱な地盤があると簡単な時で転圧。杭を打つ。地盤改良などの対策が必要になります。

IMG_1678.jpg

機械からリアルタイムで打ち出されるデータ。
クリックして拡大して見て下さい。

もう泣きそうです。心のなかで

「地球頑張れ」

と叫んだのは生まれて初めてです。0.5自沈がいっぱい。

左から 地面からの距離 重さ 回転数

結果3勝2敗

あまりに軟らかい所は何十センチか離してもう一回やります。
が、結果変わらず・・・。

正式な結果待ちです。

mini_IMG_1670.jpg

50万〜60万円余計な出費が増える予感・・・。

posted by ヴァンテアン at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 家を建てる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55418698

この記事へのトラックバック